読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見極める力・感じる心 D-monkey’s style

ペットとあなたの元気を応援 獣医さんが綴る犬猫の健康ブログ

スポンサーリンク

キュウリとレジェンドと経絡秘孔

治療 鍼治療 健康

柑橘の画像

 

ある日、音声セミナーを聞いて頭を鈍器で後ろから殴られたような衝撃を受けたこと。

「鍼灸の師匠が、畑でしおれていたキュウリをずっと眺めていた。
すると突然、キュウリに針をブスッと刺したんですよ。
まさかと思って夕方に見にったら、キュウリが元気になってるんですよ!!!!」

 

はい????!!!!

普通の人なら奇人変人的なおかしさを感じるかもしれない。
実際に鍼灸治療をしている身にすると、
ものすごい衝撃。

自分がいかに「常識の壁」にしばられるか実感した一瞬。

人・犬に鍼治療は目に見えて効く。事実として。
筋肉・神経系・血管系・リンパ系、東洋医学では気の流れ。
それがある生き物ならおそらく鍼治療は全てに効果がある。
哺乳類に効くなら、鳥類もいける。鳥もOKなら爬虫類、両生類。そして魚類。
そこまでは私でも想像可能。

「動物」と「植物」の壁。
試してもいないのに「効くはずがない」という「常識」
そしてまだ「頭で考えて」治療している自分。
「考えるな、感じろ」、どこかの映画のセリフだったかと思いますが、
医療はとかく頭で考えることに偏りがち。

「わしはただ、ここが針をうって欲しいと感じただけじゃ。」

ある技術をつきつめて、実践と出た結果、それをまた帰納して・・・・。
無限に繰り返される中で、思考は洗練されて、一瞬の感覚に集約されていく。
見て、感じ、考える前に動く。

サッカーのプロ選手がパスコースが浮かんだ瞬間に、

ゴールまでのイメージが出来てるのと同じような、
それを考える前に既にパスを体が出しているような一瞬。

遠いが、日々の一瞬に集中し、感じ続けるしか無いのだろう。