読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見極める力・感じる心 D-monkey’s style

ペットとあなたの元気を応援 獣医さんが綴る犬猫の健康ブログ

スポンサーリンク

合掌と瞑想と迷走

雲と太陽

 

窓から見える瀬戸内の島から朝日が登るのを見ると、

ふと手を合わせてしまうことがあります。

 

その後ふと湧いた疑問。
「手を合わせるとなぜ気持ちが落ち着くのか?」

医療を施す者、まったく神様や仏様とは無縁です。
信仰も信心深さもありません。

が、手を合わせると落ち着きます。

・・・。熟考。

 

「動物行動学の先生が、四足の動物は地に4本足がついていないと落ち着いかないように出来ている。」
とおっしゃっていたような気がします。

人間は両手がぶらぶら。
これを合わせると地面に着いたような錯覚で落ち着くのか?

じゃあ床に手をついても、
机に両手をついてよさそうですが、

 

落ち着きません・・・。

 

「体温」が大切?
カップルが手をつなぐと落ち着きます。
赤ちゃんがお母さんに抱かれると落ち着きます。
手の平と指は人間の体の中でもとても感覚が鋭敏な所。
脳との関係はかなり密接でしょう。
これは良い感じ。

 

鍼治療なんかをしていると、「気の流れ」という感覚をすごく大切にします。
ぶらぶらした手は手先まで気が行って戻る。
それが両手を合わせると気がぐるぐる回るから?
ちょっとわかりにくくなったなあ(汗

 

ヨガや座禅、瞑想。
様々なシチュエーションで「手を合わせる」ポーズと、
気持ちを落ち着かせることがつながっています。

やはり信仰抜きでこのポーズに何かある。

 

どこかに手を合わせる行為を科学的に明確にした資料は無いかな。