見極める力・感じる心 D-monkey’s style

ペットとあなたの元気を応援 獣医さんが綴る犬猫の健康ブログ

スポンサーリンク

犬にあげる野菜に悩んだら、スプラウトはいかがですか?

スプラウトの画像

スーパーで野菜を買うときに、夫婦ともにまず選ぶのは「ブロッコリースプラウト」。ピリッとした辛味の「スルフォラファン」が話題の、スプラウトの魅力を今日は解説。

 

 

何がそんなにすごいの?「スプラウト」

豆から作ったスプラウトがもやし。
アメリカでメジャーなのがアルファルファスプラウト。
美容に花粉症にデトックスに大人気なのがブロッコリースプラウト。


どれも言ってしまえば「芽」です。


豆やブロッコリーの種やアルファルファの種からでた「芽」。
すごい秘密は芽が出て伸びる「発芽」にあり。


芽が出てどんどん伸びていく、

植物の一番先の所

この「成長する部分」に

生命力が溢れています。


ぐんぐん伸びるエネルギー。

 

種に蓄えられていたデンプンはすぐに使える「糖」に、
タンパク質は「アミノ酸」に、
脂肪は「遊離脂肪酸」に、
生き物がすぐに使えるエネルギーに「変換」されています。

このエネルギーを使って芽はどんどん伸びていきます。

この「芽」を食べると、
伸びるエネルギーもらえます

また、

成長する部分で栄養を分解するときに使われる、

「酵素」がたっぷり入っているので、
その酵素を食べた人や犬が利用できるのです。

つまり、
芽が出て伸びてイケイケのエネルギーと

たっぷりの酵素を、
食べてそのままもらってしまうのが、

スプラウトの人気の秘密。


しかも、
アレルギーのもととなるタンパク質が、
既に分解されてアミノ酸になっているので、
穀物や豆にアレルギーがあっても、
もやしやスプラウトは大丈夫だったりします。

驚きです。

人も犬も、野菜に悩んだらまずスプラウトを。

 

春から夏はスプラウト

芽が伸びるエネルギーが、
5月病のような、
「気分がモンモン」に効きます。


フラストレーションやいらいら、
なんだかムネが苦しい、
お腹が張る、
そんな変化の激しいこれからの季節にぴったりなのがスプラウト。

成長するエネルギーが、

モヤモヤを吹き飛ばします。

 

ちなみにスプラウトやもやしの種類によって、

微妙に「食薬」としての作用は違います。

 

アルファルファスプラウト
消化を助けて、体から湿気を追い出す。

 

ブロッコリースプラウト
消化を助けて、腸を潤す、デトックスに抗癌作用。
特にスルフォラファンが大切な成分。


スルフォラファンについて 村上農園さんより
http://www.murakamifarm.com/about/functional/sulforaphane/

 

緑豆もやし
体の炎症を取る、栄養分を補いデトックス。

 

子供や妊婦さんでも安心して食べられる食材です。


犬での一日の目安は、
体重5kgで大さじ1−2杯くらい。
犬は噛まないので細かく刻むか、
他の食材と一緒にミキサーにかけましょう。

人は3日に一度のスプラウトが目標ライン。

 

スプラウトは「冷やす」野菜

スプラウトは冷やす作用が強いので、
冷え性、お腹がが弱い場合は、
蒸すか煮てから使います。


逆に暑がり、体力がある、腫れがあって熱を持っている場合には、
生でじゃんじゃか使います。


その「冷やす・熱を取る」性質を利用して、
発熱、関節炎、のどの痛み、
膀胱結石、胃腸の潰瘍などに、
薬膳では使用されます。

食べる消炎剤。

 

冬の野菜源にスプラウト

ブロッコリースプラウトなら、
ブロッコリーに含まれる栄養も、
ニンジンに代表されるカロチンも、
全て入ってオール・イン。
野菜選びに悩んだら、
「とりあえずスプラウト」。
カゴに一つ入れてみましょう。

特に冬場のような野菜の種類が少ない季節、
貴重なビタミン・ミネラル源になります。
「冷やす性質」を消すために、
寒い季節は軽く加熱しましょう。

 

まとめ


・芽が出て伸びる成長のパワーがスプラウトの秘密

・酵素もたっぷり消化を助ける

・デトックス、抗癌作用はスルフォラファン

・体を冷やすので、寒いのが苦手なら軽く加熱

・人も犬も野菜に悩んだら、まずはスプラウト

 

我が家は味噌汁を飲む直前にスプラウトをお椀へドボン。
料理の横にもスプラウトをドンッ。
サラダの上にもスプラウトをドサッ。
スプラウトが売り切れの日はションボリ。

追伸:
繁忙期に入りブログの更新頻度が落ちますが頑張りますm(__)m

 

犬の食事のトッピングのお話

犬の食事 トッピング編 あじなのおすすめ!(第二話)あじな動物病院 - YouTube