読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見極める力・感じる心 D-monkey’s style

ペットとあなたの元気を応援 獣医さんが綴る犬猫の健康ブログ

スポンサーリンク

GWに向け気をつけたい、犬の拾い食い4つのシチュエーション 

トラブル予防

f:id:d-monkey:20160424191347j:plain

寒さがゆるんで犬の散歩がとても楽しい季節になりました。

せっかくの散歩が悪夢に変わらないよう、
散歩中の拾い食いで、
特に気をつけたいケースを今回は4つ選んでご紹介。

 

 

茂みに顔を突っ込んだ犬、顔についていたのは・・・

砂浜を全力で駆ける犬。
のどこかな日曜日。

 

人気の無い砂浜を、
リードを外して犬を自由に。
すると、草むらの中へ。
突然「キャイ~ン」と鳴き声が。

慌てて駆けつけると犬の口から釣り糸が・・・。

口から血を流した犬を抱えて、

青い顔をした飼い主さんが語った出来事。

 

「釣り針」は、
刺さったときに抜けないように、
「返し」という部分があります。

f:id:d-monkey:20160424191644j:plain

この「返し」のせいで、
簡単に抜けません・・・。
切り開いて抜くか、
貫通させて、
返しを切らなければならない。

 

犬や猫では、

麻酔をかけないと、

とても痛くて処置できません。


飲み込んで、
のどに引っかかっているケースは、

周りを傷つけずに抜くのが本当に困難。

 

川や海で犬と遊ぶときは、
釣り針に要・注・意。

 

公園のベンチの下でモグモグ、その後・・・

 

犬友達と楽しく会話に花が咲く近所の公園。
ヒマを持て余した愛犬が、
ベンチの下で何やらモグモグ。


家に帰ると突然ヨダレを垂らして吐き始めました。

 

翌日落ち着いたかどうか、

犬の様子を見に行くと、

立ち上がることも出来ずぐったり。

慌てて動物病院に来られたというケース。

 

血液検査で肝臓の数値が振りきれ、

エコー検査では胆嚢と肝臓が異常に腫れていました。
「薬物か毒物の中毒」。
病院に来た時には、

既に毒物が全身に悪影響を及ぼし、
3日の入院治療の甲斐なく亡くなってしまいました。
可哀想ですが実話です。

 

それから更に2頭、
同じ公園から毒物による中毒を疑う犬が来ました。
亡くなった犬のことがありましたので、
その2頭は最初から全力で毒物による中毒の治療を行い、
幸い命をとりとめました。

 

「毒ダンゴ」が、

公園のベンチの下に置かれているケースだけでなく、

釣り針入りのソーセージ、

殺鼠剤入りのジュースなど、

悪質なケースをたくさん見てきました。

 

人の目からは見えにくい、
公園のベンチの下
本気で注意!

愛犬を守って下さい。

 

バーベーキューの跡に落ちていたのは・・・

 

バーベキューをした形跡がある公園の芝生。

犬が何やら臭いを嗅いでいます。
「何してるの?」
オーナーが声をかけた途端に「ゴクリ」。


何を飲んだの?


そのときは気づかなかったのですが、
家に帰って犬を見てみると、
明らかにお腹がいびつな形。


出っ張っている部分を触ると明らかに硬い。
え?え?え?
あわてて動物病院へ・・・。

 

胃の中に入っていたのは太い「竹串」。
あまりに美味しい串焼きや焼き鳥が落ちていると、
取られまいと丸飲みする犬がいます。

 

細くて尖った串などは、
胃を突き破って内蔵に刺さるケースも。

手術をして串を取り除いても、

手遅れだったケースが、

残念ながらあるのです。

 

拾い食いだけではなく、
事故の予防のために、
焼き鳥を犬の目の前では、

食べない方が良いです。

 

「臭いだけだぞー」と、

犬の目の前で焼き鳥をちらつかせていたお父さん。

焼き鳥を串ごと奪われ、

丸呑みされたケースがあります。

全身麻酔で内視鏡です・・・・。

 

休みで浮かれた、

酔っぱらいにも要注意。

 

何かを拾い食い、その後吐き気が止まらない・・・

 

桃の種。
梅干しの種。

 

小型犬がよく飲み込んで腸に詰まります。
しかも腸に詰まるまで気づかれない。
突然げーげー吐き出して止まらなくなります。

 

丁度あの形が、
胃からは出ていくけれど、
腸で詰まる形です。

しかもレントゲンに映りません。

バリウム検査か超音波検査が必要。

 

「腸閉塞」・・・。
残念ながら手術しかありません。

 

家のゴミ箱は、

簡単にはフタが開かないものを選びましょう。
出来れば犬が出入りできない場所に置きましょう。

桃の種はかじって遊ばせない。

 

目の前で食べてしまったら、
吐かせる処置も選択の一つ。
腸に詰まってお腹を切るよりましです。

 

最後に

 

今回は特に印象的だった4つのケースを取り上げました。

他にも、

犬や猫の目線で世界を見ると、

ペットが飲み込めるサイズの物は

たくさん落ちています。


クリップ、画鋲、縫い針、
綿棒、ペットボトルのキャップ、
ボタン、壊れかけのネズミのおもちゃ、
ズボンの腰ヒモ、キーホルダー、
おもちゃの指輪に消しゴムなどなど。


手術や内視鏡で取り出した異物は数知れず。

 

中毒を起こす食べ物も、

あげたらきりがないので別の機会に。

 

拾い食いとゴミ箱漁り、
兎にも角にも気をつけましょう。

 

小学校1年生の時の私の同級生は、
外で虫を見つけると、
片っ端から食べてました。
アブやハチが大好物。
今は元気にしてるだろうか・・・。